アデル経歴・最近Helloという曲で話題のAdeleってどんな人?オススメの曲は?

この記事をシェアする

headphones-690685_1280

最近、Helloという曲で注目を集めるAdele。実は彼女、若い頃から注目を集める有望なシンガーでした。今回はそんなアデルの経歴やオススメの曲を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

どんな人物?

本名 Adele Laurie Blue Adkins (アデル ローリー ブルー アドキンス)

1988年5月5日生まれの現在27歳

イングランドのロンドン出身

ソウル、ジャズ、ポップスと幅広いジャンルを歌い上げ、そのハスキーで力強い歌声は聴く人を魅了してやみません。

 

経歴

小さい頃から歌うことが大好きで、16歳から作曲とギターを始めます。そして音楽学校である、ブリット・スクール音楽学校へ通います。そこでは、後に共にグラミー賞にノミネートされるレオナ・ルイスやジェシー・Jといった洋楽会の大物たちと同級生でした。

最初に彼女がスポットライトを浴びたのは2008年。英国のテレビ局BBCの人気番組「サウンド・オブ・2008」の投票でトップに躍り出、そこからヒット街道を突き進むことになります。

同年1月のデビューアルバム「19」がイギリスチャート初登場1位を獲得。しかしイギリスでの人気とは対照的にアメリカのチャートでは伸び悩みます。転機は、アメリカの超人気番組サタデー・ナイト・ライブに出演したことにより訪れます。

このサタデー・ナイト・ライブは、数々の著名なアーティストが出演しており、絶大の人気を誇っています。エミネム、フーファイターズ、ベック、スティング、ジェームステイラー、古くはポール・サイモンなど有名どころがたくさん出演しています。

このサタデー・ナイト・ライブへの出演により、アメリカでも人気に火が付きます。

そして、第51回グラミー賞で、惜しくも年間最優秀レコード賞の受賞は逃しましたが、最優秀新人賞最優秀女性ポップ歌手の2冠を達成します。

2011年1月にセカンドアルバム「21」を発売。こちらは売りに売れて数々の記録を打ち立てます。19カ国のランキングで1位を記録し、アメリカのビルボードランキングで発売から39週連続TOP5入りというとんでもない記録をうちたてます。これはマイケルジャクソンの持っていた38週連続記録を破りギネス記録を樹立します。また、このアルバム「21」は2011年に全世界で1,530万枚。さらに翌年2012年には920万枚売れ、2年連続でアルバムセールスランキング1を樹立します。

第54回グラミー賞ではノミネートされた6部門全てで賞を獲得します。

 

そして、2015年11月にサードアルバム「25」を発売します。このアルバムには、長崎の軍艦島を再現したとして話題になった「007スカイフォール」のために書き下ろした主題歌も入っています。 

 

逸話

あるときニュース番組で体型のことについて話題が振られたとき、次のように秀逸な回答をしています。

「私の音楽は見てもらうためのものではありません。聞いてもらうためのものです」

参照:huffingtonpost

その通り、彼女の音楽は聴くためにある!

それでは、オススメのアデルミュージックをお聞きください。

 

 

オススメ楽曲

Hello

こちらのMVは、公開後24時間でなんと2320万回再生され新記録を打ち立てました。非常に芸術的な仕上がりで、モノクロ映画のような雰囲気を醸し出すMVです。

また、このHelloという楽曲がラジオで公開されるやいなや、スマートフォンの音楽認識アプリ「Shazam」で発売当日に20万回も何の音楽なのか認識され話題になりました。

Someone Like You

こちらは、静かにそして情熱的に歌い上げるAdeleの楽曲。

Set Fire To The Rain

こちらは、LIVEで歌い上げるAdele。圧倒的な歌唱力に脱帽です。(The Royal Albert Hallでのライブ映像)

Rolling in the Deep

こちらも、非常にアーティスティックなMVです。好き嫌いは分かれる楽曲かもしれません。

Skyfall

こちらが、「007スカイフォール」の主題歌。

‘Make You Feel My Love’

こちらは初期の頃の作品ですが、非常に心地よい楽曲です。

まとめ

headphones-926072_1280

いかがでしたか?ここに載っていない楽曲でもたくさんいい曲があります。ぜひYouTubeで聞いて、CDを実際に手にとってみてください。曲を出すたびに、様々な記録を打ち立てるAdele。しかも彼女まだ27歳。これからの活躍も楽しみですね。

関連記事はこちら

SPONSORED LINK

スポンサーリンク

この記事をシェアする