アロンガメントジナミコとは?ストレッチの革命!伸ばさない!?【ためしてガッテン】

この記事をシェアする

exercise-86200_1280

ためしてガッテンで紹介された伸ばさないストレッチ【アロンガメントジナミコ】とは?ストレッチ界の革命ともいえるアロンガメントジナミコについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

アロンガメントジナミコとは?

beach-78245_1280

柔軟性と筋力をアップさせる新たなストレッチ。従来のストレッチは筋肉を伸ばすことが必要ですが、アロンガメントジナミコは筋肉を伸ばさないで柔軟性と筋力をアップさせます。

ブラジル生まれのストレッチで直訳すると「動的ストレッチ」といわれます。ブラジルサッカー代表も試合の前に必ず行っているそうですよ。ブラジルサッカーの強さの秘密はこのストレッチ法にあったのかもしれません。ネイマールもこのストレッチを行っているんですね。

アロンガメントジナミコの効果は?

従来のストレッチでは長時間筋肉を伸ばす必要があります。しかしそのストレッチでは体温変化がありません。でもアロンガメントジナミコは可動範囲の8割程度で関節を繰り返し動かします。その結果、筋繊維が発熱して体温が上がることで、筋肉の弾力がアップします。

従来のストレッチには冷え解消や高血圧・動脈硬化の改善、肉ばなれや筋断裂の予防効果があります。またリラックス効果があり寝る前に行うとグッスリ眠ることが出来ます。

一方アロンガメントジナミコは体を動かすことによって体を活動的にさせます。なので運動前や朝起きた時などこれから動くぞーという時にやるのがお勧めです。

アロンガメントジナミコの効果は絶大です。転倒防止や肩こりに効果があります。

【転倒防止】筋力がアップし柔軟性が生まれるため、ちょっとふらついても体をたてなおすことができます。体に安定感が付き踏ん張れるようになるので高齢者にもおすすめです。

【肩こり】アロンガメントジナミコを行うと血流量が一気に増えます。また筋肉が柔らかくなり柔軟性が生まれるので肩こりがだいぶ楽になるという効果があります。10年以上肩こりに悩まされてきた女性にこのストレッチをやってもらったところ、肩の痛みで倒せなかった首が倒せるようになりました。

で、どうやるの?

アロンガメントジナミコのやり方をご紹介しましょう。

転倒予防のストレッチ

  1. イス、壁などに片手をつき体を固定する
  2. 片足を持ち上げ、だんだん振り子のように大きくしながら振る(左右10回ずつ)

肩こり解消のストレッチ

  1. 手先を肩の上につけひじを大きく回すように動かす(左右10回ずつ)

  1. 体の真横に腕を持ってきてひじを曲げる
  2. そのまま真上に向かってひじを伸ばす(ぐーんと背伸びをするイメージで)

腰痛解消のストレッチ

  1. ひざを軽く曲げた状態で頭をストンと前に落とす
  2. そのまま上半身をゆっくり左右に動かす(10秒くらい)

このストレッチは立ち仕事が多い人に特におすすめです。

実際にやってみると分かりますが、従来の伸ばすストレッチとは違い最初は「こんなんでいいのかな?」という不安があります。

しかし徐々に体が熱くなってきて、筋肉がほぐれていく感覚があります。さっきまでバリバリでこわばっていたのにちょっとマシになったような気が…。継続して毎日行ってみることでさらに効果が得られるようですよ。伸ばさないストレッチ「アロンガメントジナミコ」を試してみてはいかがでしょうか?

関連記事はこちら

SPONSORED LINK

スポンサーリンク

この記事をシェアする