ボジョレーヌーボー2017の出来は?解禁日・発売はいつ?おすすめの銘柄は?

この記事をシェアする

wine-1543170_1280

ボジョレーヌーボーの2017解禁日を今か今かと心待ちにしておられる皆さん!今年もこの季節がだんだん近づいてまいりました!今年の出来はどうなんでしょうか?
ここでおすすめの銘柄をチェックして格別のボジョレーヌーボーを堪能しておきましょう!

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボー解禁日は11月16日

ボジョレーヌーボーの解禁日はフランスの国の法律で毎年11月の第三木曜日と定められています。今年2017年の場合、11月16日が解禁日です。

なぜこの法律が制定されたかというと、ワイン好きのフランス人にとって「早く今年のボジョレーヌーボーが飲みたい!」という心理はとても強いものがあります。それで早く提供すればするだけ儲けが上がるということになり、我先にと競ってボジョレーヌーボーを提供する早出し競争が生じてしまいました。

そして、ついにはまだ熟していない質の悪いワインも早出しで売られていく事態となり、質の低下を防ぐためにこの法律が作られたというわけです。

ボジョレーヌーボーの解禁日は世界中で統一されているので、この日には世界各地で盛大なイベントが開かれ、その年のボジョレーヌーボーの解禁日を祝います。

そして、ご存知でしたか?

実は世界で一番早くボジョレーヌーボーを味わえるのは日本なんです。

時差の関係でこうなっているのですが、欧州やアメリカに先駆けて日本でボジョレーヌーボーを楽しむことができるのは、得した気分ですね。

ボジョレーヌーボー過去の出来は?

そんなボジョレーヌーボーは、「〇〇年に1度の出来」とか「最高の当たり年」というキャッチコピーで有名です。

今年はどんな出来なのでしょうか?

その前に、過去の出来について振り返っておきましょう。

実は、ボジョレーヌーボーに付き物のキャッチコピーには2種類あるってご存知でしたか?

一つは「販売業者」が、一つは「ボジョレーワイン委員会」がつけています。

どんな違いがあるのかというと、販売業者がつけるキャッチコピーはやや誇大広告気味となる傾向があります。ワインを売りたいので、ちょっと大げさなコピーをつけるようですね。そのぶん分かりやすくインパクトのあるキャッチコピーとなっています。

一方、ボジョレーワイン委員会は控えめなキャッチコピーです。こちらは玄人向けな感じがします。論より証拠、過去の出来についてご覧下さい。

販売業者のキャッチコピー

2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」
2003年「110年ぶりの当たり年」
2004年「香りが強く中々の出来栄え」
2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」
2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
2010年「2009年と同等の出来」
2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」
2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014年「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」
2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」

ボジョレーワイン委員会のキャッチコピー

2002年「色付きが良く、しっかりとしたボディ」
2003年「並外れて素晴らしい年」
2004年「生産者の実力が表れる年」
2005年「59年や64年、76年のように偉大な年の一つ」
2006年「とてもうまくいった年」
2007年「果実味が豊かでエレガント」
2008年「フルーツ、フルーツ、フルーツ」
2009年「数量は少なく、完璧な品質。桁外れに素晴らしい年」
2010年「果実味豊かで、滑らかでバランスの取れた」
2011年「3年連続で、偉大な品質となった」
2012年「心地よく、偉大な繊細さと複雑味のある香りを持ち合わせた」
2013年「繊細でしっかりとした骨格。美しく複雑なアロマ」
2014年「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」
2015年「記憶に残る素晴らしい出来栄え」
2016年「エレガントで酸味と果実味のバランスが取れた上品な味わい」

引用:Wikipedia

実際のところは?

ご覧いただくとお分かりのように、両者のキャッチコピーは幾分異なっています。

実際には2009年のボジョレーヌーボーはグレートヴィンテージと呼ばれる最高のボジョレーとなり、2012年はボジョレー史上最低のワインとして知られるようになっています。

今年の出来は⁉︎災い転じて福となす⁉︎

autumn-947501_1280

昨年は、春先の天候不順、夏の大規模な洪水、雹の被害など天候にも恵まれず心配しましたが、夏場以降は持ち直し、十分な日光が降り注ぎ、なんとか美味しいボジョレーヌーボーを楽しむ事ができました。

さて、今年2017年の出来はいかがでしょうか?

今年もショッキングなニュースが飛び込んできました。

「2017年産ボルドーワインが最大40%減る見通し」

さる、4月27日の夜に、氷点下を記録する大寒波に見舞われ、なんと10億ユーロ(1240億円)以上の損害を出してしまったとのこと。これは過去25年間で最大の被害だそうです。

参照:2017年産ボルドーワインが最大で40%減る見通し

主に被害が酷かったのは、ボルドー地方ですが、ボジョレーヌーボーの産地であるブルゴーニュ地方も被害が出ています。去年に続き、寒波の霜による被害・・。苦難続きのボジョレーヌーボー。

でも、去年のように、これからの天候によって持ち直すことも十分考えられます。

実は、収穫量と味は必ずしも比例しているわけではないのです。

夏場に十分晴天が続き日が当たると、今回の霜や悪天候によって実が少なくなった分、栄養がしっかりと行き渡り、糖分がギュッと凝縮されたぶどうになるかもしれません。

実際、1961年、5月に霜が付き、多くのぶどうの芽が枯れて収穫量が減るという事態が起きました。ところが夏に晴天が続き、実が減った分栄養が凝縮され、素晴らしいぶどうが実りました。結局、この年のワインは「戦後最高のグレートビンテージ」となりました。

このように、今年のボジョレーも夏の天候次第では、今世紀最高の仕上がりになるかもしれません。期待しましょう!

ボジョレーヌーボーの選び方

wavenews (1)

今世紀最高になるかもしれない期待の今年のボジョレーヌーボー。今年は買ってみようかな?と考えている方にボジョレーヌーボーの選び方と注意点をご紹介します。

まず、ボジョレーヌーボーと一口に言っても、実は種類があるんです。

それは等級です。

良い順に、

  1. ボジョレーヴィラージュ
  2. ボジョレースペリュール
  3. ボジョレー

となっています。ボジョレーと名前が付いていても、差がありますのでご注意を。

一番等級の高い、ボジョレーヴィラージュはボジョレー地区の中でも、特にレベルの高い村の、質の良いブドウを使用したもので、ボジョレーブランドの最高品です。

その結果、ボジョレーヴィラージュとボジョレースペリュール・ボジョレーとの間には大きな差があります。

今年の美味しいボジョレーを飲みたいと思っておられる方は、ボジョレーヴィラージュを選んでください。

注意点

ボジョレーヌーボーは「その年の葡萄で最初に」作るワインです。

そのため、フレッシュさが一番の売りとなります。

一般的にワインは寝かせておくと、味が出てくるのに対し、ボジョレーヌーボーはできるだけ早く(解禁から2、3ヶ月以内)に飲むのが一番美味しいとされています。

寝かさないようにお気をつけください。

また、普通のワインは冷やすと渋みが増して美味しくなくなるのに対し、ボジョレーヌーボーは冷やして飲むほうが美味しく味わうことができます。

あらかじめ冷やしてからお飲みください。

おすすめの銘柄は?

ボジョレーヌーボーの購入にはネット通販がオススメです。解禁日に届けてくれるというサービスで、ボジョレー通にも広く支持されています。

今年2017年のボジョレーは、まだ予約なども出ていませんので、ネット注文などできるようになりましたら、今年のオススメ銘柄をご紹介しますね。

ということで、それまでは去年2016年オススメのボジョレーヌーボーをご紹介いたします。

まずは、こちら!

昨年、ヤフーショッピングで堂々の1位を獲得している、ボジョレーヴィラージュです。トロフェ・リヨン・ボージョレー・ヌーヴォー・コンクールで3度最高金賞受賞したボージョレー屈指の天才醸家エリック・パルドンが送る会心作は、今年も世界のワイン通の舌を踊らせることでしょう。

国内ネット販売市場でも、人気の2本となっています。迷った方は上記のどちらかを購入してみるといいかもしれません。

さらに、ボジョレーヌーボー飲み比べセットもあります。

こちらはコンクール上位入賞を果たした中から厳選した6本のボジョレーを飲み比べできるとてもお得なコースです。

ボジョレーの味を飲み比べてみたい、味を覚えておきたいと思われる方はこちらもチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?気になるボジョレーの銘柄が見つかったでしょうか?
いよいよ近づいてきた、今年のボジョレー解禁日!準備はいいでしょうか?!是非美味しいボジョレーヌーボーをご堪能ください!

関連記事はこちら

SPONSORED LINK

スポンサーリンク

この記事をシェアする