2016夏の甲子園高校野球ドラフト候補ランキング|横浜藤平、履正社寺島、創志高田、秀岳九鬼など

この記事をシェアする

softball-1354947_640

作新・今井達也、花咲徳栄・高橋昂也、木更津・早川隆久、東邦・藤島健斗、常葉菊川・栗原健、京都翔英・石原彪、中京・今井順之助、秀岳館・九鬼隆平など、今年の甲子園は楽しみな選手がたくさん!

WAVENEWSでは、甲子園出場選手の中で今年のドラフト上位候補になり得る選手たちの特徴や野球経歴などをランキング形式でまとめてみました。今年の甲子園は、好投手が勢ぞろいしています。
それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク

ドラフト注目選手は?

本命

本命は、右の藤平左の寺島という構図は揺らがないでしょう。二人とも超高校級の逸材としてプロのスカウトたちも期待を寄せています。甲子園でこの2人を超える逸材が現れるかも見どころです。

藤平尚真投手 (横浜)

186cmの上背から投げ下ろすキレのあるストレートは天下一品。MAXは152キロ。
またストレートだけでなく、スライダーやカーブなどの変化球も一級品。
DeNAのスカウトは「松坂・涌井級」と評価し、今年のドラフト上位指名を狙います。U-15日本代表にも選ばれた逸材です。
また、投球だけでなく打力もあり、大谷級に慣れる能力を秘めているとも。実は中学時代に野球と並行して、走高跳びもやっており、なんとジュニアオリンピックで優勝してしまうほどの実力の持ち主。走高跳びの練習で身につけた柔軟さが、ピッチングにもバッティングにも活かされているんでしょうね。今年の夏の甲子園で活躍し、一気にプロでも人気を得るでしょうか。楽しみです。

寺島成輝投手 (履正社)

長身から繰り出される球はMAX149キロ。重いストレートはなかなか打ち崩すことができません。それに加えて、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、カットボールと変化球の持ち玉の種類も豊富です。大阪大会決勝でもその能力をフルに発揮し、強打の金光大阪を3安打12奪三振と寄せ付けませんでした。予選の通算防御率4試合に登板し0.31。間違いなく甲子園注目ナンバー1左腕です。
ちなみに3年夏の大阪大会5回戦には日米12球団32人のスカウトが集結しました。プロのスカウト陣の注目の高さが伺えます。
左は履正社寺島、右は横浜藤平と言わせしめる2枚看板。甲子園での活躍が楽しみです。

対抗

藤平、寺島を追いかける対抗は、創志の高田花咲徳栄の高橋木更津の早川東邦の藤島、そして秀岳館の九鬼あたりでしょう。

高田萌生 (創志学園)

センバツで1勝を上げてからさらに進化したエース右腕が甲子園に戻ってきました。なんと地方大会で自己最速を3キロも更新。現在のMAXは154キロを記録。まだまだ成長過程にある異次元のピッチャー。甲子園でも成長して大化けするかもしれません。
小学校時代に、ボストンレッドソックスの松坂のピッチングを見て憧れて野球を始めたという高田投手。フォームも松坂大輔のフォームを真似して、とにかく速い球を投げることにこだわりを持ち練習に打ち込んできました。今では「松坂2世」とまで言われる投手に成長。
今年の夏の甲子園、松坂2世の旋風を巻き起こします。

高橋昂也 (花咲徳栄)

防御率0.00投手として全国に名を轟かせた高橋。今大会地方予選6試合に登板し、37回無失点、52奪三振、防御率0・00。という驚異的な数字を残しました。
MAX152キロの伸びのある直球とスライダー。フォーク・カーブ・スクリュー・ツーシームと多彩な変化球を操ります。プロのスカウトも大注目の大型左腕、甲子園でもどこまで防御率0を更新できるのか注目です。

早川隆久 (木更津総合)

春のセンバツであとアウト1つというところでフォアボールと連打でサヨナラ負け。その悔しさをバネに、もう一段階際どいコースを狙える投手になると誓い、コントロールに磨きをかけてきました。その結果、今地方大会、全7戦中6試合に登板し5完投と大車輪の活躍を見せ甲子園の切符を手にしました。
彼の特徴は、出どころの見辛いフォームから繰り出されるストレート。MAX144キロと今大会の注目投手たちの中ではそれほど速くはありませんが、切れ味鋭いスライダー・カーブ・チェンジアップを織り交ぜ磨きをかけてきた抜群のコントロールで打者を打ち取ります。非常にバランスのいい投球をしているので、右なら創志の高田、左なら早川を取りに行くと言われるほど、プロのスカウトたちにも注目されています。

藤嶋健人 (東邦)

1年生の時に登板した甲子園で、気合の入った吠え声で注目を集めた藤島。
もともと、鋭く切れのいい直球を主体に力でぐいぐいと押していくピッチングでしたが、去年からコントロールとカットボールの習得に力を入れ、緩急自在に操れる素晴らしいピッチャーに成長しました。
ストレート対策で強打で来るチーム相手には、切れのいいスライダーなど変化球主体のピッチングでうまく交わし、それでいてコントロール良いストレートで力で押し込むことも出来る。変幻自在の投球術を手に入れた藤島。熟練の「大人な投球」で甲子園でも勝利を狙います。
また、ピッチングだけでなく、打者でも4番を打ち、さらにはキャプテンとして、甲子園で吠えて吠えて吠えまくります。

九鬼隆平 (秀岳館)

U-15日本代表も経験している、プロ12球団注目の大型捕手です。2塁へのスローイングタイムは何と驚異の1.8秒台!十分にプロでも通用するスローイングスピードです。この強肩は、どの球団も欲しいところ。
また、打っても高校通算21本塁打。1日1500スイングを自分に課し、練習に励みます。
大会ナンバーワン捕手とスカウト陣に言わしめる九鬼隆平、甲子園でも強肩の鉄壁の守りと鋭い打球を飛ばし勝利を掴みとります。今大会注目度ナンバーワン野手です。
今年の4月に起きた熊本地震の影響で練習できない期間も経験しました。熊本県民に元気とパワーを届けるためにも、甲子園で躍動します。

注目

その他の注目選手として、作新の今井常葉菊川の栗原、京都翔英の石原中京の今井などが注目です。あと、春のセンバツ優勝投手智弁の村上も忘れることができません。今大会で大活躍し大化けすると、ドラフト上位指名もあり得ます!彼らの活躍にも注目です。

今井達也 (作新学院)

こちらもプロ注目の本格派右腕。最速149キロのストレートは非常にキレがあり打者をぐいぐい押し込んでいきます。ドラフトでも2位までには消えるのではとスカウト関係者も語る注目の選手です。ただ、課題はランナーを背負った場面でのコントロール。ランナーを背負うとストレートのキレも悪くなり、打たれてしまうという悪循環に陥ります。
うまく克服できれば、ドラフト上位指名も十分に期待できます。今年の甲子園で課題を克服し、一層成長した姿を見せることができるでしょうか?楽しみです。

栗原健 (常葉菊川)

高校通算48本塁打の強打に加え、走っては50m5秒8の俊足。さらには、元投手ということもあり強肩を併せ持つと言う、三拍子揃った大注目の選手です。
プロ野球の選手のタイプでいうとソフトバンクのギータこと柳田選手のようなタイプ。身体能力も高く、守備範囲も広いのでプロでも活躍できる素質を十分に備えています。今年の甲子園でも、彼の走攻守に要注目です。

石原彪(京都翔英)

ドカベンという愛称で呼ばれるチームの盛り上げキャラの石原捕手。打っては高校通算42本塁打という破壊力満点の打撃に加え、守っては、二塁までの送球が1・8秒を切る強肩とプロ級の数字を残す注目選手です。さらに、走っては50m6.0秒ジャストという俊足も持っています。U-15日本代表の経験もあり走攻守揃っている捕手として、熊本秀学館の九鬼捕手と並び今夏甲子園の大注目です。
チームの要として、甲子園初出場のチームを引っ張ります。

今井順之助 (中京)

高校通算68本塁打!あの早稲田の清宮幸太郎と並んで注目されるパワーヒッターです。1年生の秋には、現在ソフトバンクに在籍する、高橋純平からもホームランを打っています。
推定150mもの場外弾を放つなど桁違いのパワーで今年の甲子園を沸かせます。

村上頌樹 (智弁学園)

春のセンバツで669球一人で投げ抜き優勝と、まさに大エースと言って過言ではありません。
球速は130キロ台半ばと140キロに届きませんが、打者のタイミングの取りづらいチェンジアップと小さく横滑りするスライダー、さらには90キロ台のスローカーブを巧みに織り交ぜる投球術を身につけています。
打たせてとることも、また狙って三振を奪うことも出来るピッチャーです。
スカウト陣は、あと球速がもう少しアップしたら、間違いなくドラフト上位候補に食い込んでいくという評価を述べています。今年の甲子園でレベルアップすることができるでしょうか?楽しみな選手です。

まとめ

今年の甲子園は、ドラフト大豊作、当たり年と言われています。投手が好投手揃いで、彼らの打者を抑え込むピッチングに注目です。しかし、ピッチャーだけではありません。打者でもいい打者がたくさんいます。特に、捕手。秀岳館の九鬼京都翔英の石原、この2人には要注目です。さあ、今年も暑い夏が開幕です!
WAVENEWSでは、これからも高校球児たちの暑い夏を追っていきます。お楽しみに!

出場49チーム特徴&注目選手まとめはコチラ↓↓
高校野球甲子園2016年夏|出場校チーム紹介&各チーム注目選手、ドラフト有力選手紹介

優勝予想ランキングはコチラ↓↓
2016夏の甲子園優勝候補の予想をランキング形式でご紹介します

関連記事はこちら

SPONSORED LINK

スポンサーリンク

この記事をシェアする