羽生結弦語録集(ぴあ)をアマゾン・楽天で手に入れよう!ファン待望の文句なしの1冊!

この記事をシェアする

wavenews (19)

これは買いです!羽生結弦語録集が発売開始とともにAmazon総合ランキング1位を獲得しました。羽生結弦君の人気の高さがうかがえますね。ファン待望の文句なしの1冊となっています。アマゾン・楽天で購入できますのでご紹介します。

スポンサーリンク

羽生結弦語録集

輝かしい記録を残し、フィギアスケートファンを虜にしてきた羽生結弦選手が語録集を発表しました!アマゾン・楽天で購入できます。

d11710-106-450862-1

懐かしい名場面から、心揺さぶられる名言まで盛りだくさんの1冊となっています。

金メダリストとしての重圧・弱さに立ち向かう方法・あくなき向上心・感謝を忘れない心など羽生結弦選手のすべてを詰め込んだ貴重な1冊です。

「壁を乗り越えたら次の壁しかなかった」(2014年12月の全日本選手権で)

hanyuu2

「僕ひとりでは何もできない」(2014年4月仙台の凱旋パレードで)

hanyuu3

「悔しい気持ちは僕にとって、ネガティブではなくポジティブなもの。悔しい気持ちは先に進もうとしているという意味」

hanyuu5

「楽しむことは大事ですがときには絶対に負けたくないという気持ちも大事。怒りの感情に身をまかせて自分に正直になったほうがいい」

hanyuu4

どこまでも謙虚でさわやかな羽生結弦選手の人柄がにじみ出るような言葉ですね。

他にも羽生結弦語録がたくさん載せられています。そのいくつかをご紹介!

「氷にもすごく感謝!」

「オリンピックで金メダルを取って言うのも何ですが、ちょっと悔しいと思います」

「いかなる状況においても全力を出し切ることがスケーターとしての流儀です」

「広いリンクでひとりで滑ってひとりのためだけに歓声が起こる。その瞬間がフィギュアスケートの魅力のひとつ」

「逆境や自分の弱さが見えたときが好きです」

「その重圧を毎日受けられたら僕はどれだけ変われるのだろう?表彰台に立ったからには自分の感情は優先させてはいけない」

「とにかく負けず嫌いでした」

語録集を片手に様々な思い出を振り返りながら、羽生結弦ワールドに浸かってみてはいかがでしょうか。

大絶賛のレビューの嵐

早速手に取った方たちから大絶賛の声が届いています。

「とても良い本でした。
常に向上心を持ち、困難なことがあっても成長の糧にする、そして感謝の気持ちを忘れない。
そんな羽生選手がインタビューや対談で語った言葉が載っています。
読んでいると、自分も頑張ろうという気持ちになれました。
前向きに生きていくための励みになると思います。」

「羽生選手は演技はもちろんインタの発言等でも昔から他の人とは一味違う所があり、常に注目していました。その内省力深い洞察力
聡明さは言葉のひとつひとつから感じとれます。そしてアスリートとしても人間としてもまだまだ成長途中という所が素晴らしい。
読んで損はありません。できれば数年後か、引退後でも良いので語録2が出版されこの若き天才の道のりを辿ってみたいと思わずにはいられません。」

「いつの、何の時の発言なのかも説明文がついていますし、
「語録」のいくつかは実際にインタビューで聞いたことのある言葉なので、
隣に載っている写真と合わせて感動がよみがえります。

最初からじっくり読んでもいいし、
ぱっと開いたページから読んでもいいので、
何度も読み返せそうで、買って良かったと思っています。」

ゆづファンのみならず幅広い世代に読んでほしい語録集となっています。

ぴあから出版された「羽生結弦語録集」はアマゾンや楽天で手に入れることができます。

(C)ぴあ

スポンサーリンク

この記事をシェアする