【原晋はらすすむ】青山学院大学監督とお嫁さんの知られざる素顔

この記事をシェアする

原晋

原晋監督(はらすすむ)がなにかと話題になっているので気になっている人も多いのでは?

原晋さんは青山学院大学の監督として箱根駅伝で優勝に導いた実力者です。

お嫁さんと協力していたという二人の素顔とは?新しい形の指導方法をみてみましょう。

スポンサーリンク

原晋(はらすすむ)青山学院大学監督の素顔とは?

原晋監督は広島県出身で高校駅伝では優勝も経験している実力者です。大学時代にも中京大学で日本インカレで3位入賞を成し遂げました。その後故郷である中国地方の中国電力に仕事につき中国電力陸上競技部の創立に携わります。その後けがによる挫折などを経験しながらも青山学院大学への監督就任が決まります。

原晋監督のお嫁さん。美穂さんってどんな人?

原晋さんの奥さんで医ある美穂さんは青山学院大学の陸上部の母といわれるほど密接にかかわりを持っています。女性ならではの細かな気遣いと気配りで選手たちがリラックスして練習に臨めるように助けてきました。

原晋監督とお嫁さんの美穂さん、二人の協力があって初めて2015年の駅伝優勝を生み出したんですね。ゴールした後に監督とそのお嫁さんも含めてみんなで肩を組んで喜んでいる姿が印象的ですが、この事実を知ってから思い出すとまた違った思いがこみ上げてきますね。

92b719acf7331086c32e1455a3b5ae32_m-750x500

原晋監督の指導方法がすごい

原晋監督の指導方法はほかの大学の指導者とは一味違っています。メディアでも見たことがあるかもしれませんがその独特でユニークな方法が選手の育成につながったことは結果からも明らかですね。

ワクワク大作戦という指導法が成長につながった

このワクワク大作戦というのは一軒ふざけた感じですが選手が常にリラックスして明るい雰囲気で望むというスタイル。これまでの体育会系では非とされてきたような雰囲気で試合にのぞむように勧める方法をとっていたんですね。

前の年に優勝した東洋大学のスローガンが1秒を削り出せ!といういかにも体育会系の雰囲気とは一線を画す指導方法で話題を呼んだようです。その新しい指導方法を生み出した原晋監督の知られざる素顔とは?

原晋監督の指導方法を生んだビジネスマンとしての経験

原晋監督は監督に就任する前は会社の営業マンとして働いていた経験を持っています。当時は伝説の営業マンと呼ばれるほどの実力者だったようですね。

ビジネスマンの時代に培った目標達成能力をマラソンの世界にも活かせないかと試み見事に成功につなげました。ビジネスマンが良く利用する目標管理シートなどをしっかりとマラソンでも作るように勧め、長期的、短期的目標に分けしっかりとビジョン化することなどビジネスでは基本とされていることをマラソンの世界でも活かしたんです。

ビジネスの世界で大切な情報の管理の徹底をスポーツに当てはめることで、若い人の能力を最大限に生かすことができました。これまでの体育会系では主に精神論を軸に人を育てる方法をとっていましたが、この方法でしっかりと文書化して管理することで飛躍的な変化を遂げることができました。

0a41ec4d779dd6923c3de4dea7bf79b4_m

ビジネスでのノウハウをスポーツに生かすという逆転の発想

これまでよく言われてきたのが、体育会系で学んだ精神やノウハウを仕事についてから活かすというものでした。ですがよくよく考えてみるとそうした精神論だけで社会でやっていけるわけではありません。後々細かな方法や目標管理の方法を社会人になってから学んでいくことが常識でした。

ですが原晋監督はマラソンを教える場が選手にとっては学びの場である大学だということを銘記していたんですね。本人も卒業してから社会人としてしっかりと独り立ちできる人間に育てたかったと述べています。

良い師に出会う事は若い人にとって人生を直接変化させるほど大きなウィークポイントになりますが、青山学院大学で原晋監督と出会った選手たちは幸福ということができるかもしれません。

スポンサーリンク

この記事をシェアする