ハリル監督通訳の樋渡群(ひわたしぐん)さんが素晴らしい!経歴が異色!

この記事をシェアする

football-627902_1280

ハリルホジッチ日本代表監督のフランス語の通訳を樋渡群(ひわたしぐん)さんが努めることになりました。異色の経歴の持ち主で非常に期待できる通訳さんです。歴代ナンバー1とも目される樋渡群さんとは?

スポンサーリンク

経歴:PSGのU-12などで監督経験あり

樋渡群

新たにハリルホジッチ監督を迎え動き出した新生日本代表。そのキーマンともいうべき人物が通訳の樋渡群さんです。

通訳は監督の指示を的確に伝え、選手とのコミュニケーションを円滑に進めるために、高い語学力とサッカーの深い知識が必要とされるポジションです。人間性と能力が求められるかなり重要なポストです。

樋渡さんはまさに通訳にうってつけの人物のようですよ。

経歴はこんな感じです。

1978年生まれ 35歳

広島県出身

大学卒業後フランスに渡りパリサンジェルマンのU-12監督を務める

2006年~JFAアカデミー福島、熊本宇城で通訳兼コーチ

2009年~男子U14、15監督。

2012年~女子U18監督

日本サッカー協会公認A級、仏サッカー協会公認指導者ライセンス取得。

注目したいのはU-12とはいえPSGで監督をしておられたというその経歴です。

またその後も、様々な世代の監督の経験があり、サッカーに対する知識は申し分ありません。

若くしてフランスに渡ったこともあり、フランス語にも堪能な様子。

実際にハリルホジッチ監督就任会見では、分かりやすく通訳していました。

ダバディさんも一押し

トルシエ監督の通訳を務めたダバディさんも、樋渡さんを一押しです。

と太鼓判を押しています。

さらにダバディさんは通訳をもう何人か付けるべきだとも発言しています。

通訳を増やすと言う案には個人的に大賛成です。

樋渡さんがメインで訳して、抜けたところや分かりやすく補足した方が良いところをサブの通訳者が訳すなどすると監督の意図がさらに伝わりやすくなると思います。

ネットの反応も上々

などなど。ザック監督の通訳の矢野さんも能力があり人気がありましたが、樋渡さんの通訳は歴代ナンバー1かもしれないとさえ目されているようです。

Jリーグの監督はどうでしょう?

ハリルホジッチ監督のもとで監督業を学び、Jリーグの監督でもやってくれないかなあと言いたいところですね。

しかしプロフィールを見るとJリーグ監督に求められる日本サッカー協会公認S級ライセンスはお持ちではないようです。

ただ現在は日本サッカー協会公認A級を持っていますので、今後S級を取得される計画もあるのかもしれません。

まだ35歳と若いながらも、様々な経験を積んでこられた優秀な方の様ですので、今後の活躍にも期待したいと思います。

試合終了後のインタビューが楽しみですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする