未来医XPO2015が意外に面白そう!楽しみ尽す5つの方法

この記事をシェアする

0

未来医XPO2015が2015年3月28日から4月5日まで神戸ポートアイランドで開催されます!

そう聞くとなんだか小難しそうだけど内容を見るとかなり面白そうだぞ!

行く前に見ておくべき5つの楽しみ尽す方法、アクセス方法をご紹介!

スポンサーリンク

未来医XPO2015ってどんなイベントなの?

正直あまりメジャーではない日本医学総会が主催する学術集会。これまではこの難しそうな名前の通り医師をターゲットにして行われるものでしたが最近は一般の人にも公開されていて、内容がかなり面白いと密かに話題なんです。しかも4年に一度というレア感。これは今年を逃す手はなさそうですね。

参照http://www.isoukai2015.jp/

参照http://www.isoukai2015.jp/

普段触れない手術ロボットを操作してみる!

ここで一般の方に特におすすめなのが体験できる形の展示会。その名もドクターチャレンジ!その名の通りドクターの普段している仕事にチャレンジするというないようなんですが、その内容がかなり本格的で面白そう!

手術支援ロボット“ダビンチ”

写真を見ると分かりますがこのロボット感は想像以上ですね。この機器は3Dの高解像度画像を見ながら精度の高い操作性を保障している最新型手術支援ロボットです。これは是非触ってみたい!

話題のiPS細胞を実際に見てみる!

ずっと話題になっているiPS細胞をなんと実際に生きたものを見ることができます!一般公開されるのはもちろん今回のEXPが初めてとなっています。人類を救うかもしれない大発見である細胞を実際に見れるというのはかなり期待が高まりますね。

参照http://www.isoukai2015.jp/

参照http://www.isoukai2015.jp/

医師の新薬への挑戦を演劇で垣間見る!

上の絵を見て、なんだこれは!と思った皆さん。すでに未来医EXP2015のとりこになってますよ!これはなんと若い研究者である医師が新薬を開発するためにどんな心意気とチャレンジをしているのかということを、演劇で楽しむという新しい角度で医学を理解するための方法なんです。詳しい情報はまだ入っていませんがこの絵を見る限りではかなりダンサブルかつドラマチックなのでしょう。

公開日は3/28-4/5 一日6-8回公演されるようです。座席数が112席と結構なキャパシティで行われるようなのでこれも期待できそうですね。

普段の感じる医薬品の悩みを実際の薬剤師さんに聞いてみよう!

しっかりと医学の疑問にも答えてくれるブースが用意されます。薬剤師の方が常時交代でお薬相談にのってくれるので普段感じている疑問について聞いてみるまたとないチャンスです!ほかにも薬をどういうふうに分包するのかを実際に体験できるというかなりレアなチャンスもあります。

参照http://www.isoukai2015.jp/

参照http://www.isoukai2015.jp/

簡単な健康診断をする!

開場には最新の検査機器が設置されていて、来場した方は自由にその機器を使って健康診断をすることができます。検査機器には動脈硬化測定や骨密度検診、内臓脂肪測定、内臓脂肪測定装置等結構本格的なものから血圧や視力など一般的なものまで幅広くそろえられるようです。

子どもと一緒に行って研究者体験!

お子さんと一緒に行かれる方は、楽しく体験型で研究者の仕事を楽しむことができます。内容は日焼け止めの開発体験をするというもの。子どもにとっては新しい職種や分野に触れるいい機会になりそうですね。というか日焼け止めを開発するって大人の人でも結構興味深く参加できそうです。一回の所要時間は約45分間。お手軽に利用できるようなのでこれもぜひ利用してみたいと思います。

未来医XPO2015の費用はおいくら?

気になる費用ですが、入場料はなんと無料。上で書いた事がすべて無料でできるというのは嬉しいポイントですよね。このチャンスにお子さんと一緒に出掛けて普段見ることができない医学界の仕事の様子や、最新医療などに触れて色々と学んでみましょう!

未来医XPO2015へのアクセスがこちら

http://www.isoukai2015.jp/

http://www.isoukai2015.jp/

これはかなり期待できそうなイベントですね。4年に一度の最新の医学に触れることができるまたとないチャンスを逃すことの内容にしっかりとチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

この記事をシェアする