「お盆休み」2017年の期間は?いつからいつまで?大型連休が期待できる!?

この記事をシェアする

IMG_1516new

「お盆休み」は大人も子供も楽しみな夏の連休の一つです。

2016年もお盆休みに突入しましたが、気は早いですが、さてさて来年2017年のお盆休みはいつからいつまででしょう?来年は土日も絡み大型連休が期待できる?年に数回の大型連休は特別です!早めに計画を立て来年も充実したお盆休みを過ごしましょう(^.^)

スポンサーリンク

2017年のお盆休みはいつからいつまで?

一般的に8月13日~16日の4日間がお盆休みの期間です。(地域によって違う場合もあります)

では2017年8月のカレンダーを見てみましょう。

ippannew

お盆休みが長期休みとなるかどうかは、土日とどのように絡んでくるかによって変わります。

今年に新たに制定された、新しい祝日「山の日」のおかげで、来年2017年度のお盆は、うまく土日と重なりました。山の日が金曜日なので、土曜、日曜と連チャンでお休み。そして月曜から水曜まではお盆休みと、けっこういい感じなのです。

普通に6連休取れる企業も多いかもしれません。6連休あったら、プチ海外旅行なんかも出来ちゃいますね!早めに計画を立てましょう。

「お盆休み」企業によっては?

さて、お盆休みの期間が長くなるか短くなるかは、勤め先や企業によって変わってくると思います。

行政機関や銀行

役所などの行政機関や銀行などは、一般的にカレンダー通りの勤務となるところが多いようです。特別なお盆休みはありません。

その場合、休みはこうなります

komuinnew

  • 8月11日(金・山の日)
  • 8月12日(土)
  • 8月13日(日)

有給や夏季休暇(連続する3日)などを使い前後を休みにする人も多いかと思いますが、平日は基本的に開庁し業務を行っています。

郵便局やゆうちょATMもカレンダー通りの営業となっています。里帰りのお土産をゆうパックで送りたい時や、お金を引き出したい時も安心ですね。

なお、公務員や職員の場合、夏季休暇を使うと8月11日~16日の6連休をお盆休みとすることもできますが、この場合、上司や勤務先との相談となるでしょう。

一般的な企業

ippannew

一般的な企業の場合、例年通りであれば、8月11日(金・山の日)~16日までの6連休となるところが多いでしょう。

顧客との関係や電気消費など諸々を判断して決めていくようになりそうです。

福利厚生の手厚い企業

福利厚生に力を入れている企業や、製造業などの工場などでは、お盆休みの期間に長期休暇を取らせるところもあります。

また自分で有給休暇を願い出ると長期休暇とすることが出来ます。

その場合、8月11日~20日の10連休となります。

yuukyuunew

10連休ともなると、海外に出かける人も多いでしょう。今流行りの東南アジア辺りsが多いかもしれません。

販売業・サービス業

大勢の人が訪れるテーマパークやデパート・ショッピングモールなどの販売業やサービス業は、書き入れ時となり休んでる場合ではありません。

「お盆休みは人が多いから疲れる…」という方は、ひと段落ついた9月や10月に休暇を取り、空いている観光地を楽しんで頂ければと思います。

お盆の渋滞・混雑のピークは?

wavenews (29)

お盆になると実家に帰省する人も多いと思いますが、頭を悩ませるのが渋滞や混雑ですよね。

これまでの高速道路各社(東日本、中日本、西日本、本州四国連絡高速道路など)が発表したお盆期間の渋滞予測データをもとにお盆の間の渋滞や混雑を予想してみましょう。

高速道路

下りのピーク

これまでの傾向は、長期休暇者のピークと一般的な休暇者のピークの2つのピークが最も渋滞する時間帯となっています。

これに、山の日のピークを合わせると、渋滞のピーク予想はこうなります。

8月5日(土)午前←まあまあ混む

8月11日(金・祝)午前←結構混む

8月12日(土)午前←ものすごく混む

最も混雑するのは8月12日(土)午前となるのは例年通りですが、今年は山の日の影響で、帰省する日が分散されるため、ややましな渋滞となることが予想されます。

上りのピーク

一方上りのピーク(Uターンラッシュ)は2016年と同様、休みの終わる一日前の日に集中しそうです。

8月15日(火)夕方

夕方から夜に欠けては高速道路が一番混む時間帯ですので、渋滞を回避したい方は15日の朝早く出るか、深夜の出発がオススメです。

なお、この渋滞は16日に入っても続くことが予想されますので、余裕をもった予定を立てるようにしましょう。

公共交通機関(新幹線)

新幹線などの交通機関の混雑状況も過去の傾向や乗車率をもとに算出してみましょう。

下りのピーク

8月5日(土)

8月10日(木)夕方・11日(金・祝)午前

8月12日(土)午前

こちらも山の日の影響で例年よりは人の流れが分散されることが予想されます。

一般的には、午前中の早い時間帯に帰って、帰省先でゆっくりしたいという方が多いので、どうしてもピークは連休初日の午前となります。混雑を避けたいのであれば、夕方から夜にかけてがオススメです。

上りのピーク

こちらは例年と同じく、

8月15日~16日

がピークとなりそうです。公共交通機関の場合、ある程度時間が計算できますし、そんなに疲れないため、ギリギリ16日の朝まで実家で過ごして規制する人も多いでしょう。

特に16日の午後から夕方は乗車率が150%を超える混雑となるでしょう。余裕がある方はこの時間帯は避けた方がよさそうです。

お盆休みは海外へ!

海外に旅行にいくという方も多いかもしれませんね。せっかくの休みに海外でゆっくりしたいものです。

近年の海外旅行人気ランキングでは、東南アジアのリゾートへの旅行や、香港台湾など近場への旅行も人気となっています。

海外旅行でホテルを予約する時の裏ワザを紹介しているサイトがあります。海外ホテル予約時にどのサイトを使うと一番オトクか分かりやすく書かれていましたので、ご参考に!

参考:海外ホテル予約サイトはどれがお得なの?有名4サイトを徹底比較!

参考:必ず知っておきたい!誰でも1泊するごとに1,440円貰えるお得な海外ホテルの泊まり方!

最後に

少し先のカレンダーですが、見ているだけで楽しい計画を立てたくなってきます。ちょうど夏休みと重なり、子どもたちも楽しみにしているお盆休暇ですね。

ちょっとそこまでのお出かけでも楽しい思い出になりそうです。海外旅行に出かける人もおられるでしょう。素敵な思い出がたくさんできるといいですね。

お盆の旅行の計画に役立ちそうなサイトを張っておきます。もう2月くらいから、格安航空券を取る人が増えてきています。ご参考にしてください。

海外旅行などに出かける方はきっちり計画を立てて、早めに予約をしておいた方がよさそうですね。早い人だとお正月くらいから旅行の予定を立てておられます。

楽しいお盆休みをお過ごしください♪

関連記事はこちら

SPONSORED LINK

スポンサーリンク

この記事をシェアする