ラウドルップ監督の戦術徹底解剖!実は父親もかつて監督だった!

この記事をシェアする

258156_gallery

 ラウドルップ監督が日本代表監督の候補として最有力!

戦術を徹底解剖して日本代表との相性をチェックしておきましょう。

戦術、ラウドルップ監督の性格、プレースタイル等情報満載!

スポンサーリンク

ラウドルップ監督の戦術

ラウドルップの選手時代のポジションは攻撃手ミッドフィルダーもしくはフォワード。フィニッシュにつながるパスも出せる選手でしたが監督時代も短いパスを重視した戦術だったようですね。主に使っていたのが4-2-3-1とフォーバックとなり、中盤での短いパスでボール支配率を高めることを狙った戦術でした。日本代表で全く同じスタイルで行くことは考えられませんが、基本的な指針と日本代表のスタイルとは遠からずといったところでしょうか。

監督としての資質

 ラウドルップの現役時代は押しも押されぬスーパースターでした。数々のヨーロッパのトップチームで中心選手として活躍し優勝経験も少なくありません。こうしたスーパースター選手が監督としても大成するかというとそうでもありません。どちらかというと失敗しがちといったほうがいいかもしれません。自分でできるプレーを要求してしまうことから自分よりも才能を感じられない選手への我慢がたらなくなることが理由の一つです。ですがラウドルップにはもともと人としての温和さや穏やかさがあり高い評価を得ています。

父親もかつて監督経験者だった

ラウドルップの父親、フィン・ラウドルップも実はかつてサッカー監督を経験しています。1973年にデンマークブロンビーIFで選手兼監督として活躍しています。さらに兄弟もサッカー選手なのは有名な話。サッカー一家で育ち才能を若いころから開花させていたようですね。

戦術・ルックス-日本代表との相性は?

戦術はかつての日本代表のプレイスタイルと遠くない事から割とすんなりと受け継がれるかもしれません。さらにラウドルップの最大の強みは現役時代の実力でしょう。かつてピッチを華麗に舞いトップチームの中心選手としての抜群のカリスマ性を持ち合わせています。この点はかつてのジーコ監督とも重なりますが、ラウドルップにはまた違ったカリスマの雰囲気を感じることができると思います。ルックスもなかなか渋くテレビ映えもするでしょう。もし彼が日本代表監督になればまた新しいファン層が増えて低迷気味のサッカー人気も少しは回復するかもしれませんね。

   監督選びでごたごたが続けば代表のスケジュールにも影響がかかるのでできるだけ早く納得のいく人選をしてほしいものです。この点でもラウドルップなら高いハードルにたうるだけのカリスマ性と華を持っている人物だと思います。今後に期待ですね。

ラウドルップ現役時代のさらに詳しい経歴、プレイスタイルはこちらで!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

  1. […] 更に監督としての戦術を徹底的に分析してみる! […]