難民五輪選手団|リオオリンピック|注目選手ユスラマルディニなどの経歴紹介!

この記事をシェアする

race-801940_1920

国際オリンピック委員会は6月2日に、スイス・ローザンヌで理事会を開き、リオデジャネイロ五輪で難民五輪選手団を派遣することを正式決定しました。10人のメンバーで選手団は構成されます。今回は注目メンバーの経歴を紹介していきたいと思います。

56ecf1ae6d380

画像:DAWN 

Refugee 難民
Olympic オリンピック
Athletes 選手たち

英語表記で頭文字を取り、ROAと略されます。

スポンサーリンク

注目選手紹介

ユスラ・マルディニ(18歳) 水泳競技 シリア出身

Yusra Mardini Syria Germany Swimming 200 m freestyle

yusra-mardini

画像:Archy World News 

マルディニの家はシリアの内戦によって破壊されました。ユスラと彼女の姉サラは2015年8月にシリアから逃れることを決めます。彼女たちはレバノンへ行きそこからトルコへ行き、ギリシャに渡るために、他の18人とともにボートに乗り込みます。このボートの定員はそれより6、7人少ない定員数でした。途中でボートのエンジンがトラブルを起こし、止まってしまいます。

そこで、ユスラと姉、また泳ぐことのできる数人が、海に浸かりレスボスに着くまで3時間以上ボートを押して泳ぎます。その後無事にドイツに渡り、彼女は2015年9月にベルリンに落ち着きます。彼女の両親たちも同じようにシリアから脱出しドイツに住んでいます。

彼女は水泳200mフリースタイルに出場します。
そのキュートなルックスもあいまってこれから人気が出そうですね。

Syrian swimmer Yusra Mardini who fled to Germany with her family and who is currently training with a local swimming club attends a joint press conference of the International Olympic Committee (IOC) and the German Olympic Sports Confederation (DOSB) in Berlin, Germany, Friday, March 18, 2016. The IOC is supporting refugee athletes who could potentially qualify for the Olympic Games Rio de Janeiro 2016. One of them is 17 year old Syrian swimmer Yusra Mardini. (AP Photo/Michael Sohn)

画像: accesswdun.com

 

ポポレミセンガ  柔道競技  コンゴ民主主義共和国

Popole Misenga Democratic Republic of Congo

14958589-popole-misenga-le-judoka-refugie-en-lice-pour-les-jeux-de-rio

画像:L’OBS

 

ポポレミセンガは9歳のときにコンゴでの戦争から逃れました。家族と離れ離れになり、8日間森の中を彷徨い助け出されキンシャサへと連れて行かれました。その後ブラジルへ亡命し、劣悪なスラム街で必死に生き抜きます。その後リオで、ブラジル人柔道家フラヴィオ・カント氏と出会い、彼の道場に通いはじめ柔道家としての歩みをスタートさせます。ちなみに彼の母親は8歳のときに戦争で亡くなっています。当初は戦争下で育ったことから、残忍な性格で試合関係なしに相手を投げ飛ばしたりすることもあったそうですが、柔道の正しい精神を学びプロの柔道家となりました。

 Popole-MisengaJudoca-do-Congo-refugiado-no-Rio

 画像:OGLOBO

James Nyang Chiengjiek 南スーダン 陸上 400m

ct-ioc_-rot_-31may16-1747

画像:QUARTZ

ジェームスは13歳のときに、反政府勢力により少年兵に徴兵されるのを逃れるため家を捨てケニアへ難民として逃れました。彼はちゃんとしたランニングシューズを持っていませんでしたが、皆から借りたシューズで数々の陸上大会で勝ち賞をとりました。今回は400mでの出場です。

Yiech Pur Biel 南スーダン 陸上 800m

ct-ioc_-rot_-31may16-1683

画像:QUARTZ

Yiechは、2005年に南スーダンの戦闘から逃れるために、ケニアの難民キャンプに身を寄せました。キャンプには、シューズもなく、もちろんトレーニングの出来るジムなんてありません。朝から晩までとても熱くトレーニングするのも大変です。
彼は、自分たち若者によって南スーダンの現状を変えることができると信じています。また両親の人生もより良いものにしたいと願っています。「同じ境遇の難民のみんなに人生には希望とチャンスがあることを知ってほしい」と彼は言います。

Paulo Amotun Lokoro 南スーダン 陸上 1500m

パウロは、ほんの数年前まで、南スーダンで彼の家族が飼っているわずかの牛を守っていました。彼は人生のほとんどにおいて戦時下にあった故郷以外の世界を全く知りませんでした。その紛争の影響で彼はケニアに逃れます。「ここに来た時はトレーニングシューズも持っていなかった。でも今はトレーニングを受けて選手となれた。世界チャンピョンになりたい」と彼は言っています。でも彼の考えはシンプルです。それは「良いパフォーマンスで自分の家族と仲間たちを助けたい」ということです。リオでは1500mでの出場です。

Yonas Kinde エチオピア マラソン

0a0fc8e1ef7999f906e1a3480759a51e5c9ab3cd

画像:Luxenburger Wort

ヨナスはエチオピアからの難民で、ルクセンブルグに来て5年になります。エチオピアでの生活は危険で大変だったと彼は振り返ります。彼は、陸上競技に取り組む傍ら、フランス語のクラスに定期的に通い、また生活費を稼ぐためにタクシーの運転手として勤勉に働いています。去年の10月にドイツで開催されたマラソン大会で2時間17分という素晴らしいタイムを出しました。リオでの力強い走りも楽しみです。

Rami Anis シリア 水泳 100 m バタフライ

xx_397449365

画像:T24

ラミは、シリアのアレッポで育ちました。14歳の時にシリアで水泳選手だった叔父に教えられ水泳を始めました。内戦が激しくなり、爆弾や破壊などが酷くなってきたので、彼はトルコで学んでいた兄のところへと行きます。小さなバッグに、ジャケット2つ、Tシャツ2枚、ズボン2着だけでした。彼は「数ヶ月したらアレッポに帰れるだろう」と思っていました。しかし、その数ヶ月が、数年へとなってしまいます。トルコにいた間、名門ガラタサライのスイミングクラブで練習に励みます。しかし、トルコ国籍を持っていなかったため、試合や大会に出ることは一切できませんでした。ちょうど、一生懸命勉強して、勉強して、勉強しても、試験を受けることが出来ない学生のようです。それで彼はベルギーのゲントへ行き、元オリンピック選手のCarine Verbauwenに師事を仰ぎます。

彼は「水泳はわたしの人生で、プールはわたしの家です」と語ります。
リオで彼の人生の泳ぎを見ることができます。100mバタフライに出場します。

 南スーダン Kenya 陸上 800m

ct-ioc_-rot_-31may16-2347

画像:QUARTZ

ローズは10歳の時に南スーダンの戦火から難民としてケニアに逃れてきました。彼女は自分の才能にほんの1年前まで気づいていませんでした。難民キャンプの学校で10キロ走を走ることになりました。彼女にとってそれは初めての経験でした。その10キロ走で彼女はなんと2番になりました。なんのトレーニングもしていないのに。ローズはその後、ケニアのナイロビのオリンピック施設で800mのトレーニングを受けました。彼女は陸上競技を単なる 賞金や名誉のためとみなしていません。もしわたしが競技において成功するならば、またこのレースに戻ってくることができ、みなの平和を促進するために活躍することができるからと彼女は考えています。

彼女の素晴らしい精神態度、ぜひレースで力強い走りを見たいです。

Anjelina Nada Lohalith 南スーダン 陸上 1500m

3

画像:GLAMOUR

アンジェリーナは2002年に、南スーダンからケニアへ逃れてきました。そして2014年6月に難民として申請が認められました。その後、彼女は Tegla Loroupe財団で陸上競技の訓練を受けています。しかし、彼女の家族はいまだ南スーダンにいます。彼女は、このオリンピックで成功して家族の生活を楽にしてあげたい、改善したいと望んでいます。

 コンゴ民主主義共和国 柔道

 

20160524_214000-copy

画像:QUARTZ

 

 ヨランデは、ほんの少女だったときに、コンゴの戦争で両親と家族と離れ離れになってしまいました。彼女は一人で走って逃げ、ヘリコプターに救助され、首都キンシャサに連れてこられます。そこで彼女は柔道と出会います。
彼女は言います。「柔道はお金を与えてくれないが、強い心を与えてくれた」
家族と離れ離れになった彼女にとって、強い心が支えになりました。幾年にも渡って、悪いコーチから虐待的に扱われますが、なんとか逃げ出し今はブラジルの柔道の学校で訓練を積む毎日です。
彼女は「オリンピックでメダルを活躍して取ります、そうすればわたしの家族がわたしを見ます。そしてわたしたちは再会するのです」と述べています。

幼くして離れ離れになった家族とこのオリンピックを機に再会できることを願います。

 

まとめ

みなアスリートとしての思い、そして難民としての家族や仲間たちに対する深い思いを持っています。「オリンピック、平和の祭典」その意義を深く考えさせられる難民五輪選手団(ROA)。
彼らの活躍と発信に期待しましょう! 

 

 

関連記事はこちら

SPONSORED LINK

スポンサーリンク

この記事をシェアする