櫻井剛さん【脚本家】ってどんな人?  経歴『限界集落株式会社』

この記事をシェアする

櫻井剛さん(さくらいつよし)は色々な人気ドラマの脚本家。

日本テレビシナリオ登竜門大賞も受賞している注目脚本家です。

2015年NHKの特別ドラマ『限界集落株式会社』の脚本も務めています。

櫻井剛さんってどんな人?経歴、代表作も含めてご紹介!

櫻井剛さんは、日本の脚本家であり映画監督でもあります。

所属事務所は高岡事務所です。

2001年に日本テレビシナリオ登竜門大賞を受賞しました。

 a699942a

日本テレビシナリオ登竜門大賞とは?

日本テレビで2005年までの10年間で注目の脚本家に送られる賞です。

新しい才能を発掘することを目的に開始されて多くの有名作品を生んできました。

出演者にもそうそうたる顔ぶれがそろっています。

宮崎あおいさん、蒼井優さん、小西真奈美さん、神木隆之介さんなどなど。

これまでセクシーアンドロボなどで脚本を担当した山岡真介さんなども受賞してきました。

注目の人気脚本家を生み出してきた賞といえそうですね。

櫻井剛さんも受賞者の一人です。

代表作にはこんな作品があります。

テレビドラマ

・青と白で水色

・その5分前

・マルモのおきて

・それからの海

・プライスレス あるわけねぇだろ、んなもん!第五話

・ビギナーズ

・ミス・パイロット

有名なドラマが勢ぞろいって感じですよね。

特にマルモのおきては皆さん印象に残っているかもしれませんね。

2011年4月から放送が始まって高視聴率を残しました。

初回放送が20分拡大されたりと注目度も高いドラマでした。

芦田愛菜さんの印象的な演技が多くの人の心を打った大人気ドラマです。

このドラマも櫻井剛さんの脚本なんですね。

そして2015年NHKの特別ドラマ『限界集落株式会社』の脚本も務めています。

出演者は反町隆史さんや谷原章介さん、松岡茉優さんなど。

注目度がさらに高まっている脚本家です。

櫻井剛さん経歴

1977年生まれ茨城県出身

専門学校東京ビジュアルアーツ映画演出専攻を卒業。

2001年に、青と白で水色で日本テレビシナリオ登竜門大賞を受賞。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク