【ためしてガッテン】年間12万人の命を奪う肺炎の新たな原因とは?

この記事をシェアする

X7L5hgFXQZazzPaK3goC_14084990857_88cabf3b6d_o

ためしてガッテンで取り上げられた肺炎。実は年間12万人が被害に。

肺炎はまだまだ過去の病になったわけではないんです。

ためしてガッテンで紹介された以外過ぎる肺炎の原因とは?

スポンサーリンク

肺炎は日本国内で亡くなる方の理由の第三位!

年間にすると12万人!

これは意外な事実ですよね。

今では治療法も見つかって問題ないと思っていましたが、

特に高齢の方はしっかりとケアしておきたい病気の一つです。

しかも最近になって新たな原因が分かって来たようです。

 medical-563427_1280

それは、逆流していく胃液!

これまでは風邪がひどくなって起きてしまう感染を原因とするものや、

食べ物などがのどの入っておこる誤えんというタイプがありました。

ですが実は胃から逆流してしまった胃液が原因にもなるんです。

特に体を寝かせた状態にした場合は胃液がのどまで逆流することも!

咽にはしっかりと肺に入らないようにふたがあります。

でも下から上ってくるものには機能しないんです!

なので胃液に含まれている強烈な雑菌が原因で炎症が起こされてしまいます。

ですがなかなか喉まで逆流してくることはまれといわれています。

 ではどんなことが原因になるんでしょうか?

就寝前に暴飲暴食した時は要注意!

夜遅くに食べ過ぎてしまうと胃液の逆流を促進してしまいます。

更に高齢な方や寝たきりにつかい状態の方も注意が必要。

更に注意が必要なのが消化器系の手術を受けた人。

こうした方は就寝前にどんな食生活を送っているのか考えておくといいですね。

朝起きたときに少しでものどの異常を感じたりしたなら要注意です。

しっかりと食生活を見直すようにしましょう。

ほかにも唾液が少ない方も起こりやすいといわれています。

しっかりと自分の体調を見極めて対策を練っておきたいですね。

高齢者の家族がいる方には必見情報だと思います。

肺炎は一度引き起こしてしまうとなかなか厄介な病気です。

予防策には相応の時間と労力をかけておきたいですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする