エックスサーバーでリソース制限に|転送量多すぎて503エラー続出。

この記事をシェアする

wavenews (35)

転送量が高すぎてエックスサーバーでリソース制限をかけられました。503エラーが出続ける中どうしたものかと無い知恵を振り絞って行った対策をご紹介します。リソース制限に困った時のご参考にしてください。

スポンサーリンク

とある記事大爆発!

「WAVENEWS」はしがない弱小ブログなのですが、先日とある記事が大爆発を起こしました。

その結果、グーグルアナリティクスのリアルタイムで多い時で800人以上のアクティブユーザーとなり、その後も500前後の日が続きました。他の方のブログでリアルタイム2000人などの記事を見るたび、まだまだだなあ。と思っていたのですが、ようやくその兆候が。

なんと4日間で凄まじいPVとなり、「おおーーー!やったー!これは新記録いくぞ!すごいなー。」とのんびり構えていたのですが、そんな私に一通のメールが。

エックスサーバーから警告のメール

一部抜粋して、ご紹介すると、

「お客様のサーバーアカウントにおいて、
ご利用プランの目安を大幅に超える転送量が発生しておりましたので、
お知らせいたします。

X10プランの場合、転送量の上限目安値は【70GB/日】でございますが、
お客様のアカウントにおいては直近1日間で
【266GB以上】の転送量が発生しておりました。

今後も同様の転送量が発生した場合、同収容サーバーをご利用の他のユーザー様や
ネットワークそのものに影響を及ぼす可能性がございましたので、
お客様のサーバーアカウントに対し「速度制限」を設けております。

大変お手数ですが、アクセスログ・アクセス解析等をご確認のうえ、
運用サイトの見直しやアクセスの分散、画像データ・動画データ等の軽量化や
別サーバーへの移動など、
転送量の軽減対策を行っていただきますようお願いいたします。」

とのこと。「お前使いすぎだから、制限かけたから。ちゃんと対策せーよ。」という事なのですが、

え?

まじか。そういえばサーバーを契約する時に何かで読んだ気がするけど、今?

今絶賛爆発中なのに!と思いつつも超えてしまったものはしょうがない。

というかむしろ、70G制限のところ266Gまで許してくれたエックスサーバーに感謝しないといけないんだ。と冷静になりながら、恐る恐る自分のブログを開いてみると、綺麗な503エラーがでてました。

ということは、同じサーバーを使っている人のサイトにもエラーが出てたのでしょう。ホントすみませんでした。

リソース制限がかけられる

こうしてめでたくリソース制限が掛けられた私のブログは、見事に順位も急落し、半分以下のPV数となりました。

PVを公表したいのですが、規約違反を考え自粛します。。

ちなみにこの記事はただバズっただけでアドセンスの収入もいまいちで、アクセス数も減るし、プラグインも使えないし、時間も取られたし、正直微妙でした。良かったのは経験値が増えたくらいです。

では問題の日に焦りながら行った対策をご紹介します。

行った対策いろいろ

画像と動画を全部消す

とにかく画像とか動画が諸悪の根源なんだろうと考えた私は、記事に貼っていた画像や動画をすべて取り外しました。

そんな力技の方法が意味があるのか分かりませんが、特に必要ない画像だったので。結果として、記事の容量はかなり抑えられました。

mod_pagespeed設定

エックスサーバーのメールに行うと良い対策として書かれていた方法です。

「◆「mod_pagespeed設定」機能について
サーバーパネルより設定可能な「mod_pagespeed設定」機能をご利用いただくことで、
Webサイトへのアクセス時に発生する無駄な通信(転送量)を削減することが可能です。

 
一般的なウェブサイトの構成であれば、
当機能のご利用により、1割~3割程度、転送量が削減されます。

他の対策とあわせ、「mod_pagespeed設定」機能の導入をご検討ください。」

1~3割の削減でX10プランの70Gに収まるのか不安でしたが、とにかくやってみることに。

これはエックスサーバーのサーバーパネルで行うことが出来ます。

「Webサイトの表示が崩れるなど、本来と異なる動作になる場合がある」ようですが、私のブログでは、問題ありませんでした。

プラグインの停止

他に何が出来るのだろうと考えた私がたどり着いたのは、困った時のわいひら師匠。このブログテーマの作者さんです。

ますはこの記事を参考にして、サイドバーのプラグインを取り外しました。

nelog.jp/after-mass-access-from-tv

ただし「W3 Total Cache」キャッシュプラグインの利用に関しては以前にサイトがきちんと表示されなかったりしたので、パス。

  • 「WordPress Popular Posts」プラグインの停止
  • 「EWWW image optimizer」プラグインの停止

この二つを行いました。

リソースの圧縮

ここまですれば、それなりに誠意も伝わると思いますし、実際に転送量も減っていると思いますが、なんせ私のブログは266Gという記録をたたき出しましたので、がっつりと対策が必要かと。(なんでこんなに多くなったんだろう。ワカンネ)

それで引き続き、寝ログのわいひら師匠の方法を参考にしました。

nelog.jp/compress-components-with-gzip

リソースの圧縮についてはこの記事をご覧ください。私自身よく分かっていません。

対策後にGTmetrixで測ってみると明らかな改善が見られたので、サイト軽装化に役立ったようです。

これからどうする?

記事執筆時点ではまだ、制限解除とはなっていません。

1週間程度かかるようでもう少し我慢したいと思います。問題はこれからどうするか。

まず順番としては、

  1. サイトの転送量を下げるために画像の使い方やサイトの設計を見直す
  2. エックスサーバーの上位プランを検討する
  3. サーバー移転を検討する

となるでしょうか。現在ブログ自体の問題に取り組んでいます。このままアクセスが落ち着けばいいのですが、いつまた今回のような事態になるか分かりません。

エックスサーバーの上位プランも検討しましたが、X30プランで1日100Gの制限であれば、またオーバーしてしまうのでは?いっそ乗り換えた方がいいのか?と感じたりもします。エックスサーバーの対応は気に入っていますし、サポートに不満はないのでこのまま引き続き使いたい気持ちはあるのですが。

サーバー移転で調べてみると、転送量無制限で月額料金も安いABLENETというのが気になっていますが、実際にこれを使っている人の声はあまり聞こえてきません。使いやすいんでしょうか。

というわけで、しばらくはこのまま様子を見たいと思います。

色々調べてみると、エックスサーバーで制限がかかる人も多いようですね。今回は私も迷惑をかけてしまいましたが、経験者が多いとアドバイスも多く助かりました。これもエックスサーバーの一つの特徴ですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする