九州で流星見るならココだ!おすすめスポット教えます。

この記事をシェアする

milky-way-916523_1280

2015年 ふたご座流星群を見逃すな!!

九州で流星群を綺麗に見れるとっておきのスポットをお教えします。

 

今年もこの季節がやってまいりました。

三大流星群のひとつ。ふたご座流星群!!

今から万全の準備で流星群観測に臨みたいものです。

 

三大流星群とは?

お正月の「四分儀座(しぶんぎざ)流星群」

お盆の「ペルセウス座流星群」

そして、12月の「ふたご座流星群」

これら3つの流星群を三大流星群と呼びます。

その中でも、毎年安定して多くの流星を観測できるのが、「ふたご座流星群」です。

 

 

スポンサーリンク

流星を見るのに大きな障害となるもの

それは明るさです。

明るさの要因として2つ上げることができます。

一つは、「月明かり」です。

 

今年の、「ふたご座流星群」の極大日は12月15日夜中の三時ごろと予想されています。

12月14日の月の条件を見ると、月齢2.7となっています。

月齢2.7 というと細い三日月くらいです。

さらに月の沈む時間は、出てくる時間は..

 

場所 月の入 月の出
札幌 18:56 09:32
仙台 19:08 09:24
東京 19:19 09:25
名古屋 19:31 09:35
大阪 19:38 09:40
福岡 20:02 10:00
那覇 20:25 10:00

今年は観測条件の当たり年ということができます。

月明かりに邪魔される心配はなく最高の条件と言えます。

暗いところであれば、一晩に500個くらい見えるかもしれません。

観測時間として一番良いのは、夜中の2時〜3時くらいでしょう。

その時間になると、ちょうど空の真上から放射状に星が降ってくるように見えるでしょう。

子供さん達と一緒に観測したい方も大丈夫です。

夜の9時以降でも低い空に流星を見つけることができるでしょう。

 

もう一つは、障害となる明かり、それは「街明かり」です。

なので、街明かりからなるべく遠いところ、影になるところで観測するようにしましょう。

 

 

今回は九州のとっておきのおすすめスポットを二つ紹介します。

 

 

・長者原温泉郷

 

大分の九重町の長者原温泉郷です。

長者原温泉郷の駐車場横の広場に天体観測用のデッキが設けてあります。

標高約1000メートルということもあり空気がとても澄んでいます。

また周りに家も少なく山に囲まれているため、とても光害が少なく星空を観測するには最高のスポットです。

近くに「星生温泉」という名前の温泉があるくらいですので、星空は格別に綺麗です。

↓↓ 実際に長者原温泉郷にて撮った写真です。

IMG_0348

12月の流星観測は、とても冷えます。

しかも、標高1000mともなると、凍えてしまいますね。

「長者原温泉トライアル温泉郷」に宿泊するプランをおすすめいたします。

トライアル会員であれば1900円〜

非会員でも2900円〜

と格安で泊まることができます。

流星観測で冷えた体を、夜中も温泉で温めることができます。

運が良ければ、露天風呂から流星を見ることができるかもしれません。

 

トライアル温泉郷虎の湯
大分県玖珠郡九重町大字田野255-30 

・産山村

 

やまなみハイウェイ

もう一か所おすすめなのがココ。

やまなみハイウェイの途中、立山牧野のすぐ近く。

なかなか口で説明できる場所ではありません。

阿蘇の一宮温泉街から、やまなみハイウェイを登り、登りきってからしばらく走ったところになります。

立山牧野を Google Map で検索すると出てきますので、参考にしてください。

 

↓実際に産山村で撮った写真です

IMGP0242

ここはやまなみハイウェイの車道のすぐ近くの側道になります。

時々車が来ますが、夜になると、車の台数もかなり少ないです。

阿蘇市街の方も山で隠れ、ほとんど光害がありません。

目が慣れてくると、無数の流星を見ることができます。

私も何度か流星群でも何でもない日に見に行きましたが、一時間に10個ほど見ることができました。

ただ、ここもかなりの標高なので暖かくして、出かけてくださいね。

ホッカイロやフリース、あったかい飲み物などお忘れずに。

それでは楽しい流星観測を。

星景写真ならこのキット↓↓

スポンサーリンク

この記事をシェアする