【大掃除】面倒な網戸・窓掃除を簡単に終わらせる裏技教えます

この記事をシェアする

ship-114443_1920

年末も近くなり、大掃除の季節になってまいりました。 綺麗なお家で新年を心地よく迎えたいものですね。 今回は、網戸や窓を身近なアイテムを使って簡単にお掃除できちゃう裏技についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

網戸のお掃除!

網戸のお掃除って結構大変。 網戸の汚れ気になりますよね。排気ガスや砂埃、油などですぐに汚くなってしまう網戸。 洗うのは一苦労です。

まず外すのが面倒くさいと感じてほったらかしになっている人も多いはず。 せっかく頑張って、外して、水で濡らして、洗剤かけて、ブラシでゴシゴシして、ホースで勢いよく水をかけて。。。

でもなかなか汚れが落ちなくて。 あーもう面倒臭い!

実は、網戸の汚れ、油などが薄く膜を張って固着しているため、水で洗ってもなかなか取れないんです。

困った!!

そんなときには、コレがいいんです!! 100均に売ってあるアレ。

そう、洋服の毛玉を取るアレです。

じゃじゃ〜ん!!

エチケットブラシ!!

エチケットブラシ!!

画像:dena

これで網戸をひと撫ですると、あら不思議。 網戸がみるみる綺麗になっていきます。 網戸掃除ってこんなに簡単だったんだと感動! エチケットブラシは、この油分を含んだ汚れをしっかり落とすことができます。 騙されたと思って、一度お試しください。

100均に売ってあるエチケットブラシ、小さい高いところに届かないと思われる方にはこういった便利な商品もあります。

また、コロコロタイプで楽に掃除できるものもあります。

この「網戸外さず洗える ! お掃除ローラー」 を使えば、網戸を外すことなく簡単に、一度に両面をお掃除することができます。

ローラーに洗浄液を付けて、網戸の片面をコロコロ転がしてなぞるだけ。
あとは、絞った雑巾で洗浄液を拭き取れば、両面ともスッキリきれい!

ただ、こちらの商品はエチケットブラシと違って、洗浄液をつけて吹き上げるタイプなので一手間いるかもしれませんね。

また、メラミンスポンジを使うという方法もあります。こちらはキッチンなどの頑固な汚れを綺麗にするのに使うスポンジ。

こちらを水に浸して、絞って、網戸を軽く撫でるように拭くと、真っ黒黒になります。この方法も網戸を外すことなく、簡単にできるのでオススメです。

窓のお掃除!

網戸とともに綺麗にしたい、窓のお掃除もけっこう大変ですよね。

思った以上に汚れてるし、洗剤つけて磨きたいけど、手が荒れるし。 綺麗に拭き上げたと思ったのに、陽が射すとくっきり拭き跡が残ってしまってるし。

そんなときには、古典的な方法ですが、新聞紙の出番です。

新聞紙を使って掃除すると、洗剤なしで綺麗になります。 それは新聞紙に印刷されているインクに秘密が隠されています。インクの成分が汚れの原因である油分をしっかり分解してくれます。

まず、窓に向かって軽く水をスプレーします。 そして、そのあと、丸めた新聞紙で綺麗になるまで拭き上げていきます。新聞紙のインクの独特な匂いが少し気になりますが、ピカピカになります。

また窓のお掃除専用に開発されたこんな家電製品もあります。

こちらはお掃除のプロもオススメする、世界でシリーズ累計販売1000万台を誇るケルヒャーの人気掃除アイテムです。こちらは洗剤を手を汚すことなく楽〜に窓の掃除を楽しめる製品です。

こちらはノズルを引くと洗剤の出るスプレー式のモップで窓に洗剤を塗り広げ、ワイパーのついた電動式のバキュームで洗剤と汚れを吸い取るだけという優れものです。吸い取った洗剤と汚れはタンクの中にたまるので簡単に手を汚さずに窓掃除ができます。寒い季節の掃除、洗剤と冷たい水のせいで手が荒れがちですが、この商品ならその心配もありません。

またバキュームでしっかりと吸い取るので、拭き跡も残らず綺麗な仕上がり、汚れのない窓を見て思わずにやけてしまうかも。

ただ、こちら充電式のため、連続使用の時間制限があるところが難点です。オフィスなどの広い範囲の窓掃除を一気にしようという方には向かない商品かもしれません。

まとめ

girl-388652_1920

手のかかる年末の大掃除!

今年は身近なアイテムでできる裏技を使って、楽しくやりたいですね。

それでは、少し早いですが、みなさんよいお年を〜。

スポンサーリンク

この記事をシェアする