【アルジャーノンに花束を】あらすじ見ただけで号泣のドラマ

この記事をシェアする

photo-1427348693976-99e4aca06bb9 (1)

アルジャーノンに花束をというドラマが始まりました。

アルジャーノンに花束をのあらすじを見ただけで号泣する人が続出。

あらすじのネタバレにはなりますがドラマの内容をぎゅっとまとめてご紹介。

 

スポンサーリンク

アルジャーノンに花束をのドラマあらすじ紹介

アルジャーノンに花束をのあらすじをまずは見ておきましょう。このアルジャーノンに花束をは世界的に大ヒットとなったベストセラー小説ですが、これまでも多くのドラマや舞台、そして映画となってきました。日本で最近では2002年にドラマ化されたこともありましたね。その時の主人公はユースケ・サンタマリア。今回2015年は主人公を山下智久さんが演じます。

主人公の特別な背景

あらすじの柱となる主人公は32歳という設定ですが脳に障がいがあって、知能は幼児のままでとまっています。家庭背景もよくなく母親には捨てられ、親せきの家で働くことになります。仕事はパン屋。それと同時に脳に障害のある人たちの通う学校にも通っています。

ある日出会うことになるアルジャーノン

アルジャーノンは人間ではありません。じつは動物実験用のハツカネズミ。ですがアルジャーノンはある実験を受け普通のハツカネズミでは考えられない知能を擁している特別な一匹です。ある日主人公とアルジャーノンは知能対決をすることに。結果勝利者はハツカネズミのアルジャーノン。主人公はアルジャーノンと出会ってしまったことで頭がよくなる手術がある事を知り、自分も人間で初めての同じ脳の手術を受けたいと思うようになります。

theory-of-relativity-486718_1280 (1)

手術成功!主人公が得たものと失ったもの

手術の結果主人公の知能も飛躍的に伸びることになります。結果大学に通いはじめ成績は常にトップの天才に急変します。知識を増加えて新しい事を学ぶ喜びを得ることに。ですが同時にこれまでの人間関係は失われることになります。これまで自分を助け信頼していた友達の知らなかった悲しい真実を知ることになります。避けることのできない悲惨な現実を見ることに耐えられなくなり、結果気づけば一人きりに。

最後に失われることになる奇跡的な知能。そして手にするもっと大切なもの。

ですが手術で得られた飛躍的な知能に精神が追い付かなくなります。結果手術で得た知能はすべて失うことに。さらに知能は手術をする前よりさらに低く。

あらすじの最後はそれぞれで異なる

この後の最後のあらすじはそれぞれのドラマや映画で異なりますが、多くの人が最後に涙するのが、主人公が最後に書いた一言。

photo-1421977870504-378093748ae6 (1)

あらすじを見ただけで号泣者が続出するわけ

その一言がドラマの主題。アルジャーノンに花束を。です。

数奇な運命をたどることになる主人公一人とアルジャーノン一匹。最後に主人公の手に残されたのは高い知能を使って得た収入や地位ではなく、子どものような純粋さだけでした。その時一番近くにいたのはハツカネズミのアルジャーノンだけ。最後まで純粋に他人を思う気持ちを表し続けて終わりを迎えます。

知能を得たことで知った現実に苦悩する主人公と、最後に子供のような純粋さだけが残り周りを思う優しい気持ち持ち続けた主人公。本当に幸せといえるのはどちらなんでしょうか。感動と共に色々と考えさせられる名作です。

今回のドラマの最終回はどうなる?

今回は主人公がジャニーズの山Pですが、最後の結末はどうなるんでしょうか。脚本が野島伸司ということでかなり現実的で悲しい内容になりそうですが今後の展開に期待したいと思います。

関連記事はこちら

SPONSORED LINK

スポンサーリンク

この記事をシェアする