一万円選書とは?申し込み・注文方法と届いた感想・いわた書店(北海道砂川)

この記事をシェアする

open-book-585865_1280

一万円選書をご存知ですか?北海道砂川にある小さな書店「いわた書店」が行っている面白いサービスです。何と現在600人待ち!!申し込み・注文方法や届いた感想などをまとめてみました。

スポンサーリンク

一万円選書とは?

一万円選書とは、簡単なアンケートに答えるだけで自分に合う本を1万円分選んで送ってくれるサービスです。最近読んだ本や職業・好みのジャンルなどを伝えると楽しく読めそうな本を見繕ってくれます。いわば本のソムリエといったところでしょうか。

本を選ぶ時はどうしても自分の好みに偏りがちです。小説が好き、伝記が好き、特定の作者が好きなどの好みで選ぶと、他のジャンルの素晴らしい本に出会えないことがあります。一万円選書は「これまで出会ったことのなかった本に出会える」サービスとして注目を集めています。

いわた書店の魅力

book-168824_1280

いわた書店は田舎の小さな書店です。なぜこの書店のサービスがそんなに人気なのでしょうか。その秘密は店主の岩田さんの人柄にあります。公式HPを見てみると岩田さんが無類の本好きであることが伝わってきます。中学生の時には学校の図書館の小説はほとんど読みつくしたというのですから、本に対する愛情が伝わってきます。

また書店のあり方に対してもこだわりを持っています。岩田さんのホームページにはこんな文章があります。

「本のなかになにがある、字がある。字のなかになにがあるか、宇宙がある。」

これは、いわた書店の包装紙、紙袋に印刷されている文章です。
本を売る側の書店にとっては、たくさんの本の中の一冊であっても、お客様にとっては、かけがえのない本であるかもしれない。
一冊ずつ心を込めて販売するように心がけようという自戒の言葉です。
僕たちから見たら、まるで図書館のような巨大な書店チェーンが、次々と出店してきます。
あんな事はとてもじゃないけど出来ません。お金もなければ人手もない、
それよりなによりああいう店にはしたくない。
ナンバーワンを目指す人はどうぞそちらへ。
僕は、オンリーワンの書店になりたいと考えているのです。

参照:いわた書店

書店に対するプライドが伝わってきます。ナンバーワンではなくオンリーワンの書店にしたい。かけがえのない一冊を売る書店でありたいと考えておられます。

そんな岩田さんが1万円選書を行う時にはきっと1冊1冊悩みながら心を込めて選んでいるのでしょう。本の選び方はどのようにしているのでしょうか。好みがはっきりしている人にはあえて別のジャンルの興味を持ちそうな本を選んでくれるそうです。好みがあいまいな人の場合、例えば時代物とエッセイが好きなどオールラウンダーの場合は本ソムリエの腕の見せ所。「こうくるか」とうならせるような変化球で読書の幅を広げてくれるのだとか。文庫本だと1万円で約13冊ですから1人の人の本を選ぶのにも時間がかかりますが、手抜きをせずきちんと考えて送ってくれるその誠実さが大人気の秘密と言えるでしょう。

申し込み・注文方法

どうやって申し込めばいいんでしょうか。注文はいわた書店の公式HPで行っています。

選書の流れはこんな感じです。

①なるべく詳しいカルテ(アンケート)を送る。
②それをもとに岩田さんがじっくり選書する。
③送料を含めた合計金額を出してくれるので、OKなら入金手続きをする。
④入金の確認取れ次第すみやかに発送。

ただし、今日現在600人待ちとなっており、それらすべてを岩田さんが一人で行っているため、新たな注文はお休み中となっています。再開するのは2016年からとなっており、1年待ちの超大人気サービスとなっています。

ちなみに注文すると、メールやFAXで岩田さんとやりとりをすることになります。誠心誠意自分の為に本を選んでくれるのはやっぱり嬉しいですね。岩田さんご自身は本を選ぶときこんな感じだそうですよ。

お客様の人となりを想像して選書するわけですから、家族構成とか、仕事の内容、これまでの人生を振り返って楽しかった事や、悲しかった事を質問させてもらいます。そんなやり取りを、メールやFAXで繰り返すのです…。お一人お一人にあった、きっと喜んでもらえるであろう本を考え無くてはなりません。急がなくていいからと言ってくださるお客様ばかりなので感激してしまいます。

1日1人~5人ほどしか選書できないそうで。それだけ選ぶエネルギーも必要のようです。でも岩田さんに膨大な本の知識があるからこそできることですね。

気長に待ってでも本を選んでほしいと思える素晴らしいサービスです。

届いた感想はどう?

book-610189_1280

実際に一万円選書を注文し、本が届いた人たちがその感想を述べています。

  • ステキな本ばかりでどれから読もうか迷います。全部一気に読むのは何かもったいない気がします。じっくりと選んでもらった本だから、大切に時間をかけて読みたいです!!
  • 今まで読んだことのない作家さんの本が届きました。新たな世界にワクワクしています。
  • 一人一人の歩んだ過去、これから歩みたい道、その過程で起きた出来事などのアンケートを基に一万円分の本を選書。Amazonには出来ないステキな本屋さんです。
  • 忘れられない本になりそうな本に出会えました。感激しています。

などなど。今まで手を出さなかったジャンルの本に出会えて喜ぶ姿が垣間見えます。岩田さんの選書のセンスが抜群だということを証明しています。今までの人生にはなかった新たな本に出会うことで人生も豊かになるのではないでしょうか。

まとめ【本は人生を変える】

なぜ今までなかったんだろうと思えるほど素晴らしいサービスだと思います。いわた書店の一万円選書自体は10年以上のサービスになるそうですが、今の世の中のニーズにピッタリ合っているということでしょう。情報があふれている昨今ですが、悩んだ時、元気が欲しい時に読むのはネットや雑誌ではなく本だという事です。

人が人の為に考え悩みぬいて選んだ本には、機械には出せないぬくもりが収められているようで、受け取った人も忘れられない本となるようですね。私も是非岩田さんにお願いして本を選んでほしいです。

参考:いわた書店フェイスブック,いわた書店日記

スポンサーリンク

この記事をシェアする