WI-FI内蔵SDカードのおすすめは?FlashAirとEyeFiの違いを検証!

この記事をシェアする

camera-541213_1280

WI-FI内蔵SDカードのおすすめは?WI-FI内蔵SDカードが人気となっています。現在2強となっているFlashAirとEyeFiどちらを選べばいいのか悩みどころですね。自分の使い方に合わせておすすめのSDカードを選びましょう。

スポンサーリンク

WI-FI内蔵SDカードとは?

WI-FI内蔵SDカードの良さはカメラで撮った写真をすぐにタブレットやスマホにダウンロードできると言う点。

WIFI付きのコンデジなども増えてきましたが、そんな機能がついていないカメラを持っている方もまだまだ多いはず。SDカードを変えるだけでお気に入りのカメラがWIFI機能付きになるというのですから、これはもう画期的です!

最近のスマホやタブレットのカメラの性能も大分よくなってきましたが、やはりカメラ(一眼レフ)にはかないません。WI-FI内蔵SDカードがあれば、カメラで撮った写真をすぐにSNSでシェア出来たり、タブレットで見て、AirDropで送ったりと自由自在。今までは、SDカードを取り出してパソコンに取り込んで、タブレットに落とすなどの手間がかかっていましたが、これがあればその場ですぐにタブレットやスマホに取り込めるんです。

そんなWI-FI内蔵SDカードを購入しようとして、多くの人が迷うのが、東芝FlashAirとEyeFi社のEyefi mobiのどちらにするべきかと言うところ。どちらにも一長一短あるので自分の用途に応じて購入するとよいでしょう。

早速違いを検証してみましょう。

FlashAirとEyeFiの違い

機能

まず大きなポイントは、撮った写真を全て転送したいかどうかです。

  • FlashAir…撮った写真から選んでタブレットやスマホに転送できる
  • Eyefi…撮った写真をすべてタブレットやスマホに転送できる

FlashAirの場合、写真を撮る→スマホタブレットからSDカードに接続する→専用アプリを立ち上げる→写真を選んで保存。という手順を踏む必要があります。なお、写真を複数選択しダウンロードすることは可能です。たくさん撮った中からお気に入りの何枚かをシェアしたいという方にはお勧めです。またタブレット・スマホの容量が少ない方にも向いています。外出先で使うことが多い人にもおすすめです。WE/WB/WC/WD/WLのモデルがありますが、WEシリーズはパソコンからネットワークドライブとして使うことが出来ます。参照:TOSHIBA公式 それ以外のモデルではブラウザを通してアクセスします。

一方Eyefiは撮った写真を自動で全て転送してくれます。その分FlashAirよりもひと手間減ることになります。またパソコンとも連動するため、iOSのフォトストリームのような使い方も可能です。ただし2-30枚以上転送するのであればUSB転送した方が早いでしょう。また写真をすべて転送するためカメラのバッテリーの減りがかなり早いようです。そのため室内で写真を転送することが多い人にはお勧めです。また面倒くさいのが苦手な人もEyefiの方が向いているでしょう。

価格

次に価格ですが、ほぼ互角となっています。売れ筋の8Gモデルで比較してみると、

FlashAir 8GB SD-WC008G 価格:3,100円 (2015/7/5現在)

Eyefi Mobi (アイファイ モビ) 8GB Class10 WiFi内蔵  価格:3,240円 (2015/7/5現在)

となっています。ややFlashAirの方が安いですが、このくらいの差なら機能面で選ぶ方が良いでしょう。

私は、外出先(海、山)などで使うことが多いのでカメラのバッテリーが気になることと、タブレットに取り込む写真は人に見せるものなので選択して取り込むので良いかと思い、FlashAirにしました。満足できる点とEyefiの方が良かったかなと思う点がありますので参考にしてください。

WIFI内蔵のSDカードの人気ランキングを作りました。

ご購入の際はご参考になさってください!

WIFI付きSDカードの人気ランキング|みんなが買ったのはこれだ!
WIFI付きSDカードが大人気となっています。おかげさまで、WAVENEWSの記事を参考にしていただき、多くの方が購入されているようです。そ...

FlashAirを使ってみた感想

使ったカメラ:Eos kiss x5

まず取った写真から選択して選ぶ方式に満足している点ですが、私のようなビギナーはしょぼい写真が多いのです。それらをすべてタブレットに移していると、消す手間が増えてしまいます。(写真を選ぶ手間があるので同じと言えば同じなのですが)、必要な写真だけをタブレットで保管したい私にとってはこのスタイルはピッタリでした。

集合写真を一眼レフで撮って、iPadにダウンロードしてAirDropでみんなに送るという使い方をしていますが、iPadでは撮れない綺麗な写真がすぐに手元で見えるので好評です。

また心配していた電池の減りもそこまで気にならず、外出先で一日撮りまくって合間合間にタブレットに落としながらの使用でしたが、一日もってくれました。Eyefiだともっと電池の減りが気になっていたことでしょう。ここは高ポイントです。

また接続に関してもすんなり出来ました。他のレビューを見ると接続に苦労したという声が多いのですが、私の環境ではそんなに問題ではなかったようです。唯一、WIFI接続しアプリを立ち上げても「接続に失敗しました」と出ることがありましたが、カメラのオートパワーオフが作動し、スリープモードになったのが原因でした。15分くらいに設定しておくと良いようです。

一方、ちょっと後悔しているのは、写真をパソコンで管理する時です。今まで通りSDカードリーダーにSDカードを差して写真を取り出すのにはそんなに手間を感じないのでいいのですが、もし自動でパソコンのフォルダに入ってくれると便利だったなと思います。Eyefiはそのあたりが強いですね。FlashAirでよく似た機能があるWEシリーズは他のシリーズの倍近くの値段がしますので、それならEyefiを買う方がいいと思います。

個人的な感想ですが、FlashAirには非常に満足しています。カメラとiPadを連携できる素晴らしいアクセサリです。綺麗な写真を簡単にタブレットやスマホで見ることが出来、シェアすることが出来ます。これはとてもかっこいいですよ!

関連記事はこちら

SPONSORED LINK

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

  1. 内臓 より:

    内臓→内蔵

    • Waves より:

      (゜o゜)!!
      間違えてました。ご指摘ありがとうございます。