風鈴ランキング|2017猛暑を乗り切るおしゃれな風鈴まとめ

この記事をシェアする

ring-226359_1920
日本の伝統。夏の風物詩といえば、風鈴ですよね!今年2017年も、もう少しで暑い暑い季節がやってきます。実は風鈴には音色によって涼しさを感じさせる、聴覚清涼効果があると言われています。今回はおすすめのおしゃれな風鈴をランキング形式でご紹介したいと思います。おしゃれなデザイン、おしゃれな音色、今年の暑い厳しい夏も涼しい音色で乗り切りましょう。
 
スポンサーリンク

7位  虹色風鈴

ふうりん2

画像:Labotto Living Style

 
こちらは、Sghr.  大人気「スガハラガラス」のハンドメイド風鈴です。毎年800個完売するという超人気の風鈴です。素材はガラスで音色は控えめな音色です。
 
実はこの虹色風鈴、シャボン玉と同じ理屈で光っています。インテリアとしても、すごくオシャレなのでぜひ一つ手に入れたい美しい風鈴です。
 
huurinn3
 

6位  ウインドチャイム

minichime_001
出典:楽天
 
こちらは、あの世界的指揮者、「小澤征爾」が認めた音色。なんと自身のオーケストラで楽器として使用したことで有名になった風鈴です。
完璧にチューニングされた音が織りなす和音は聴く人の心を惹きつけてやみません。その音色に魅了され玄関のドアなどにかけて使っている方もとても多いです。
 
ウッドストック社製 
 
 
 
 
 

5位  南部鉄×竹細工

10000965_1

画像:ヤマトナデシコツアー

こちらは、日本で一番売れてる南部風鈴と、竹千筋細工のコラボ風鈴です。
「THE 日本」を感じるスペシャルなコラボですね!
 
置き型の風鈴もおしゃれでGood!!
和室や出窓などにインテリアとしても素敵ですね。
 
9803113_main
画像:楽天
 
 
 
 

4位  紀州備長炭

img03_fuurin

画像:癒しと蘇りの地 熊野

続いて第4位にランクインしたのは、紀州の備長炭を使ったとても珍しい風鈴です。
硬く焼き上げることで金属音のような乾いた感じの涼しい音を作り出します。
夏の暑い夜に枕元に置くと涼しい音に包まれて安眠できるかもしれませんね。
 
 

3位  真鍮風鈴

top6

画像:shokunin.com

個人的に一番のオススメはこちら。
「能作」というシリーズなんですが、デザイン的にも音色的にもすごくおしゃれで若い人たちにも大人気の風鈴です。
素材に真鍮を使っており、形の違いで音色も変わってきます。
実はこちら仏具から進化したと言われています。
日本の伝統がデザインによって若い世代にも引き継がれていく、素晴らしいことですね。
とてもモダンなデザインなので、インテリアとしてもおしゃれですね。
 
kuru-rin-mainphoto
画像:hacoa
 
 
 
 
 

2位  砂張風鈴

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像:やわらかな陽射しの中で・・・

続いて第2位にランクインしたのは、「砂張風鈴」です。
こちらは小田原で作られている風鈴です。この風鈴の特徴は何と言っても音色の独特の唸り。
その理由は青銅で作られているからです。青銅ならではの素敵な音色で涼しさをもたらします。
床の間に飾ったり、庭に飾ったり、和の雰囲気を楽しみましょう。
 
 
 

1位  江戸風鈴

tokyo_mainimage_03

画像:日本のいいもの.jp

風鈴界を語る上で絶対に外すことのできない権威 「篠原商店」の江戸風鈴が堂々のNo.1にランクインです。
現在の会長は2代目 篠原儀治(しのはらよしはる)氏。大正13年生まれ、江戸川区無形文化財保持者です。
kinnichi
 
この江戸風鈴、今でも手作業でひとつひとつ絵付けして作られています。
 
孫の由香利さんも風鈴職人の道を歩んでおり、新しいスタイルの江戸風鈴を作り続けています。東京の街をモチーフにした風鈴や螺鈿スタイルのおしゃれな風鈴をデザインするなど本当に素敵な職人さんです。今後のご活躍が楽しみです!
 
pho_46_04
 
この江戸風鈴、切り口をあえてギザギザするように作られています。
そのギザギザにあたって音が擦れ、独特な江戸風鈴の音色が出来上がっています。
今年で200年目を迎える江戸風鈴、篠原の名を背負ってから100年目。
節目の年に日本の伝統工芸、江戸風鈴をひとつ手に入れてみてはいかがですか?
 
 

まとめ

今回はマツコの知らない世界で取り上げられた風鈴のランキングをお送りしました。
ぜひこの夏、自分にぴったりの風鈴を見つけ、猛暑を涼しく乗り切りましょう。
また、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントとしても喜ばれること間違いなしですね。
 
 
関連記事はこちら

SPONSORED LINK

スポンサーリンク

この記事をシェアする