ドコモがポンタと提携したけど本当にお得?ローソンマスターが回答

この記事をシェアする

松岡修造

ドコモがローソンでも使えるポインタカードとの提携を進めているというニュースが出てきましたね。ドコモのポイントが他の店で使えるはずだけど本当にお得なの?ローソンマスターがドコモとポンタ提携の詳細を紹介!

スポンサーリンク

ドコモとポンタ提携するとどうなる?

ドコモとポンタカードの運営会社が提携を視野に入れて調整しているというニュースが入ってきましたね。携帯電話を利用することでたまっていくドコモのポイントを交換するという形をとってポンタカード加盟店で利用できるようになるという新しいサービスです。

携帯電話は固定金額が毎月支払われるし、今や一人一台携帯電話は当たり前になっているので、安定して入ってくるポイントを色々な店舗で利用できるというのはかなりお得なサービスだと注目が集まっています。

ドコモのポイントの使い道

これまでドコモのポイントを使う機会は少なかったかもしれません。機種変更をする時や携帯電話の周辺機器を購入するときくらい。今は番号そのままで他社の携帯電話に移ることができることから、ポイントがたまっていても使わずに他者携帯へと行ったこともあったかもしれません。この新しいサービスでポイントを有効活用できるようになって、ユーザーとしてはお得感を肌で感じることができそうです。

キャプチャ

ポンタカードってそもそも何?

ポンタカードとは加盟している店舗で支払い時にカードを出すと払った金額に合わせてポイントがたまっていくカード。たまったポイントで買い物をしたり、ポンタグッズと交換したりできるサービスのことです。いろいろなサービスを展開していて、JALのマイルと提携していたり、クレジットカードと提携して、新規入会でポイントがもらえたりと幅広い分野で利用することができるようです。

ポンタカードの加盟店は?

ポンタカードに加盟する店舗は全国でなんと2万店舗。大手ではゲオなどのDVDレンタルの店舗やガソリンスタンドなどでも利用することができます。もちろんローソンでも使えるわけですから毎日の生活に密着している店舗で利用できそうですね。

NTT以外の会社の反応は?

じつはほかの会社のポイントと連携してサービスを拡大するのはNTTだけが取り組んでいるわけではありません。KDDIは電子マネーとポイントを連携させていて、AUウォレットとして利用することができます。ソフトバンクもTポイントと連携しています。NTTドコモもこの通信業界の波に乗ってほかの企業と連携してユーザーをかこっていく方針に進んでいるようです。

どちらにしてもユーザーとしてはサービスが今後も広がっていくことに期待したいですね。

関連記事はこちら

SPONSORED LINK

スポンサーリンク

この記事をシェアする